top of page

2024年2月のフルーツと生育状況


2月の主要販売品目は、みかんや、伊予柑、八朔、デコポン、清見オレンジ、はるみ、せとか、甘平(愛媛産)、はまさき(佐賀産)などを中心にして、りんご、いちご、キウイの入荷が多いです。




みかん主産地の和歌山では下津地区の本貯蔵みかんが中心となり、また伊予柑は愛媛産が中心となります。どちらも生産量は昨年より少なく、数量が少ない見込みです。デコポンも和歌山産が中心となりますが、鹿児島産の入荷もあります。こちらも小玉傾向です。




九州や四国地方が主産地となるいちごは各地とも順調に生育して,安定した数量が見込めます。








青森県が中心となるりんごは、引き続き、数量が少ない見込みです。








キウイは和歌山産が中心となりますが、愛媛産の入荷もあります。全体的に小玉傾向を予想しています。



最新記事

すべて表示
bottom of page