果物のおすすめ新習慣

果物は、デザートとして、食後に食べる「後フル」が一般的です。 しかし、生の果物は空腹時に摂るなら、血糖値を上げにくいことが分かっています(*)。しかし、他の食べ物と一緒に、何時間もお腹の中でかき混ぜられてしまう「後フル」では、人によっては血糖値を上げる恐れがあります。「後フル」ではない、新しい習慣をおすすめします。

1.せめて先フル、できれば前フル

「先フル」…

食事の一番始めに食べること

「前フル」…

食事の15~20分前の空腹時に食べること。余裕があるなら、「前フル」の方がよりオススメ。

2.朝イチ水フル

「朝イチ」…

1日の中で最も空腹状態なのが起床直後。 また、飲料は胃液を薄め、消化効率を下げるので、果物は、飲料よりも先に、朝一番に食べるのがオススメ。

「水フル」…

起床直後は、脱水状態にあるので、喉と体を潤してくれる、水分の多い果物が特にオススメ。 慣れてくると、食べた直後に、果物の水分が体にしみわたるのが分かります。

*Glycemic index and glycemic load for 100+ foods (2015)/Harvard Health Publications

監修:中野瑞樹/元東京大学教員、体を張るフルーツ研究家。「マツコの知らない世界」「林先生の驚く初耳学」「中居正広のミになる図書館」などテレビ出演多数。

株式会社 辻井商会
〒553-0005 大阪市福島区野田1丁目1番86号
TEL 06-6469-6262

Copyright © 2018 tsuji-shokai Co.,Ltd. All Rights Reserved.