top of page
  • ttsuda9

12月のフルーツと生育状況




12月の主要販売品目は、みかん、りんごを中心に洋梨、いちごなどになります。



主力のみかんは、和歌山県産を中心に愛媛県産の入荷になります。

成育は順調ですが、全体的に小玉傾向の為、入荷量は昨年より少ない予想です。





りんごはサンフジを中心に王林、ジョナゴールドなどの入荷になりますが、各産地とも、春先の低温と、夏場の高温の影響により下位等級が多く、入荷量は昨年より減少し、価格も高値で推移する見込みです。





は奈良県、和歌山県産の富有柿を中心に、長野県産の市田柿や、福岡県・和歌山県産のあんぽ柿の入荷になります。富有柿は上旬で路地物が終了し、中旬より冷蔵柿の入荷になります。






いちごは九州産地を中心に、四国産地の入荷になります。

生育遅れの産地があり、生育にバラつきが出ていることから入荷量は前半にやや少なく、中旬以降に数量増加する見込みです。品種は「ゆめのか」・「恋みのり」・「ゆうべに」などになります。



最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page