top of page
  • ttsuda9

11月のフルーツと生育状況

11月の主要販売品目は、みかん、リンゴ、柿を中心に梨などの販売になります。



主力のみかんは、各産地生育は概ね順調で、糖度も高く、酸切れが良いため、食味は良好です。サイズは小玉傾向です。



りんごは青森県、長野県産のサンふじを中心にシナノスイート、ぐんま名月などの販売になりますが、りんごは全般的に夏場の高温の影響により下位等級が多く、入荷量は昨年より少ない見込みです。入荷は前年比の70〜90%です。価格は高値を予想します。




柿は奈良県、和歌山県産の富有柿を中心に愛知産の次郎柿の販売になります。主力の富有柿は、各産地とも、夏場の高温の影響による日焼け果が多く、入荷量は昨年を下回る予想です。






梨は、山形県、新潟県産の洋梨を中心に、鳥取産の王秋梨などの赤梨の販売になります。主産地の山形では4月の凍霜害や夏場の高温により生産量は大幅に減少することから入荷量は昨年より 3〜4割減少すると思われます。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page